読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

43歳無職の嘆き、、、ネガティブログ

40をとっくに超えた中年オヤジです。1年、2年、2年、2年、1年、7年、2年と7社も転々として、また、辞めてしまった。途中に空白期間も何度かあった。結婚もした、不倫した、中古で家買った、別居した、離婚した、鬱になった、ウツはしんどい、実家に戻った、また、不倫した、今度は逆バージョンだった、もう、ズタボロだ、アホな人生だ、、、、、、全部、自分の甘さから、、、、、もう、生きているのが恥ずかしい。そんな自分の恥を晒して不安や焦りをここで吐き出させて貰ってます。ありがとうございます。

愛知 長野 長野 栃木、、、、愛知

愛知県で生まれ育った自分は、

2013年の春まで栃木の那須高原にいた。

 

その前は長野県の佐久地域

その前は長野市

その前は東京にも住んでいた。

 

愛知県から、那須高原まで高速を車で向かうと、

小牧ICから、名神を少し走り

中央道に入る。

岡谷で長野道に入り、更埴から上信越道

そして北関東道東北道と乗り継いで那須に至る。

 

休憩なしで順調にいっても7時間はかかるだろう。

 

 

那須から地元に戻ってくる時は、

主だった荷物だけをレンタカーのハイエースに積み込み、

後はほとんどごみ屋さんに持ち込み処分してきた。

 

ほんとにリセットボタンを押した気分だった。

 

帰り道は、

荷物を積んだハイエース

逆のルートを辿ってくる。

 

すると、

途中で暮らしていた土地を通り抜けながら

愛知に向かうことになるのであった。

 

結婚して暮らし始めたのが長野市だった。

一緒にふたりで犬を飼い始めたのは佐久地方の町だった。

その犬を連れて心機一転暮らしていたのが那須だった。

 

その那須の暮らしに幕を引き、

なんとも言えない気分でハイエースを運転しながら、

これまでの人生を”巻戻し”するみたいに

那須から、長野県を通って、愛知に戻ってきたんだ。

 

途中の風景に愛着がありすぎて、

その風景を通り過ぎるたびに涙が止まらなかった。。。

 

 

そして、地元に戻って暮らしたこの2年は、

とても空虚でゼロに戻るというよりも

マイナスから抜け出せないような気分でいる。

 

地元の友達は自分が戻ったのを

嬉しい楽しいといい

20年前と変わらず仲良くしてくれる。

 

山を通して知り合った仲間も

いつも気さくに接してくれる。

 

 

そんな彼らの前では

とても明るくいられる。

 

明るく演じているのかな。。。。。

 

 

でも。

 

自分の人生を巻戻して帰ってきたこの地で、

またゼロからやり直す為にあるべき自分がいないから

とっても空虚な2年だ。

 

 

長野も栃木もとっても住みやすかった。

大切な友達もその土地土地でたくさんできた。

 

そんな大切なものも、全部無くしてしまった。

 

 

地元に戻った僕には、

日本一周してたころの楽観的な自分や、

各土地で暮らしてた自由奔放な自分が無い。

 

ここにはノーマルな枠に納まろうとする自分が

ただ消極的に縮こまっている。

 

 

地元でしっかりと基盤を築いて暮らしている彼らとは

ちがう生活を選んできたんだから、

今更、彼らと同じ枠に戻ろうとしても

色んなところに無理がある。

 

 

だれもなにも押し付けていないのに、

長男という枠にも自分がはまらなきゃいけない

気がしていたから、戻ってきたフシもある。

 

 

結局、なんもかんもノープランだから

いまこうして何も残らず何も生み出せず何も見つけられない。

 

 

 

明日も1日、求人の無い求人サイトを眺めるしか無いのか????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛の達人―心の中の過去を清算した途端、目の前に理想のパートナーが立っている! (VOICE新書)

恋愛の達人―心の中の過去を清算した途端、目の前に理想のパートナーが立っている! (VOICE新書)