読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

43歳無職の嘆き、、、ネガティブログ

40をとっくに超えた中年オヤジです。1年、2年、2年、2年、1年、7年、2年と7社も転々として、また、辞めてしまった。途中に空白期間も何度かあった。結婚もした、不倫した、中古で家買った、別居した、離婚した、鬱になった、ウツはしんどい、実家に戻った、また、不倫した、今度は逆バージョンだった、もう、ズタボロだ、アホな人生だ、、、、、、全部、自分の甘さから、、、、、もう、生きているのが恥ずかしい。そんな自分の恥を晒して不安や焦りをここで吐き出させて貰ってます。ありがとうございます。

死んだ後って、どうなるのだろう?

死ぬのって怖い。

 

死んだ後のことを考えると

関わってくれた方々への迷惑を考えてしまう。

 

そして死んだ後は自分がどうなるのか?

それが一番怖くて、

死ぬなんて勇気が無い。

 

今すぐ死んでしまって、

何もしなくて良い、何も考えなくて良い。

 

無になれるのであれば、

そうなってしまいたい。

 

 

この先、

歯が抜け、

髪が抜け、

体力が落ち、

肌ツヤはなくなり、

老いていく。

 

それでもなお

必死に生きていくことへの不安。

 

頼るものもなく、

先祖からの託されものを

自分が守りすることもできず、

子孫に受け継ぐこともできず。

 

 

希望も何も無い。

将来がいつも真っ暗だ。

 

 

この先30年も40年も生きる価値があるのか?

 

 

 

死んだ後も多分苦しみは続くんだろう。

 

死に逃げても、同じ苦しみが残って永遠に遠ざかれ無いのだろう。

 

 

宇宙の真ん中にある自分が、

どこに行っても

どんな形であっても、

それが真の宇宙として

自分につながっているんだろう。

 

 

その真の宇宙は普遍的だから、

痛み苦しみ楽しみ嘆きが

永遠にずっとずっと定めのように

ぼくにつきまとってくるんだろう。

 

つきまとうというよりも、

それ自体がぼく自身なんだろう。

 

 

だから死ぬのは怖い。

 

死んでも死んで無いんだから。

 

 

 

今の自分のこの体に託された「生」は

どこに向かうべきなんだろう?

 

 

逃げて逃げて逃げていると思うけれど、

逃げて逃げて逃げた先にあるものは

僕が向かうべき場所なんだろうか?

 

 

首吊って死んだら、

その痛みと苦しみが死後も続くのかな?

 

飛び降りて死んだら、

その痛みと恐怖が死後も続くのかな?

 

死ってなんだろう?

死後ってなんだろう?

 

 

 

死んだ気になればっていうけど、

山に行くことさえできればっていうけど、

少しは蓄えも欲しい、

愛するパートナーと過ごしたい。

 

 

人と関わりたく無い。

でも、人と関わりたい。

 

 

自分の仕事で相手を笑顔にし、

自分の仕事が自分を能動的にしたい。

 

喜び、喜ばれる。

 

 

 

物欲は果てしない。

でもモノは必要か?

 

世の企業のほとんどは、

次に何かを売り込むために

新しい市場を作り続ける。

 

日本のこの成熟しきった世の中で、

新たな市場って

もうなきゃ無いで何も困ら無いモノが多い。

 

これって本当に必要なんですか?

 

 

僕はそういう考え方だから、

その消費活動に加担しきれ無い。

 

本気で売れ無い。

転職活動において、

いつもそれがネックだ。

 

冷めてしまう。

 

この会社のこの事業

本当に世の中に必要なのか???って、、、、

 

 

そりゃ、どんな会社も、どんな仕事も、

みんなそれを通して社会に貢献している。

 

みんなが働いてくれているから、

僕は今ここでパソコン叩いて引きこもっていられる。

 

 

日本という国の経済活動の恩恵を

どっぷりと戴きながら毎日暮らしている。

 

 

僕にそれを否定する権利など微塵も無い。

 

やることやってから意見を述べろ!

 

 

引きこもって、

なんの生産的活動もせず、

社会的責任を果たせ無い奴は

黙って引っ込んでいなくてはなら無い。

 

 

 

働かなきゃ。

なんでも良いからとはいかないけれど、、、、

 

でも、選んでいられる立場でも無い。

 

 

 

仲間と同じ志を共有し、

世のために微力でも貢献し必要とされ、

お客様の幸せを創造し、

提供する側もその事業を通じて成長できる。

 

 

夢のような話、

子供じみた絵空事。

 

 

成長しきれない中年オヤジこども。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーター・パンシンドローム―なぜ、彼らは大人になれないのか (ノン・ポシェット)

ピーター・パンシンドローム―なぜ、彼らは大人になれないのか (ノン・ポシェット)