読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

43歳無職の嘆き、、、ネガティブログ

40をとっくに超えた中年オヤジです。1年、2年、2年、2年、1年、7年、2年と7社も転々として、また、辞めてしまった。途中に空白期間も何度かあった。結婚もした、不倫した、中古で家買った、別居した、離婚した、鬱になった、ウツはしんどい、実家に戻った、また、不倫した、今度は逆バージョンだった、もう、ズタボロだ、アホな人生だ、、、、、、全部、自分の甘さから、、、、、もう、生きているのが恥ずかしい。そんな自分の恥を晒して不安や焦りをここで吐き出させて貰ってます。ありがとうございます。

暖かくも暗い一日

先日面接に行った企業。

今日くらいに結果の入電があるかな?と思っていたけど、

どうやら週明けに持ち越しだ。

 

週明けに持ち越しということは、

ダメだったということだと思っている。

 

以前、逆の立場の際には

合格>すぐに連絡

不合格>土日を挟んで連絡

という不問律があったからだ。

 

 

ふしぎなもんで、

面接から日が経てばたつほど

その会社からのお祈りが届いても

ショックが少ないもんだ。。。。。

 

 

 

今日は晴れ間は少なかったけれど、

暖かい一日だった。

 

外に出て、

伸び伸びと

暮らしたい。

 

山に行きたい。

 

友人と話したい。

 

 

でも、なかなかそんな気になれず

一日中部屋にこもって陰気な生活を送った。

 

そしてまた気が滅入りだす。

 

 

これでまた土日が来る。

 

動かず動けず、でも焦るという週末。

 

 

 

今回の企業も面接前までは

「これは無いな。。。。」

と判断していた企業だった。

 

数人の事業所。

扱う商材。

サイトでのオファーからの応募。。。。

 

心理的に「無いな。。。。」

と自分で勝手に判断していた。

 

でも、面接に出向き話を聞くうちに

ここで働くのは面白うそうだ。。。に変わった。

 

自分の直感なんて実にあやふやなもんだ。

 

 

 

いい方向にも悪い方向にも

どちらに感じても、

結局は”ご縁”なんだろう。。。。

 

 

ご縁の巡りを感じながら、

また求人を探して

活動するしか無いんだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!